未使用 定価約40~45万 インカネーション 最高級ムートン ミドル丈 レザージャケット 日本最大級
未使用 定価約40~45万 インカネーション 最高級ムートン ミドル丈 レザージャケット 日本最大級
m89044837916-23431-iGH
162,820円 232,600円

incarnation exclusive \"SHEARLING MOUTON\" MIDDLE COAT BIAS ZIP UN LINED 原材料シープ:ベビーラムを使用、毛が短く柔らかく、肉の薄いムートン肌理細やかな毛並は優しく身を包んでくれ、その保温力は抜群表面とするスウェード面もナッパ加工に由って、まるで表革の様に吸付く感触の良さ■STYLEincarnationとLOOM OSAKAにて共同開発し新型のムートン・コートを製作インナーとしても用いる事が可能な位に毛足が短く、肉の薄いムートンをベースにしてソフトな印象を持たせつつ、保温力最高峰ののヘビー・アウターとして確立ベビーラムというムートンの中でも大変希少なマテリアル毛足が短いことでムートンに有りがちな厭らしさを完全に排除させていますフルジップで閉めれるようハーフバイアスネック袖はフィンガーグローブのような袖に仕上げフィンガーアウトが可能唯一無二のムートンコートEXCELLAファスナーにincarnationオリジナルのプルパーツ着用者174cm58kgサイズS ブラック(一般ブランドM相当)プロフ確認必須畳みシワありincarnation/geoffrey b.small/stelier suppan/daniel andresen/biek verstappen/leon emanuel blanck/masnada/md75/andrea ya aqov/atelier aura/der antagonist/guidi/dimissianos and miller/issac sellam/isabella stefanelli/devoa/cromagnon/araki yuu/andrew driftwood/klasica/backlash/af artefact/ROGGYKEI、アルテファクト、rick owens/individual sentiments/julius/john lawrenc sullivan/kazuyuki kumagai attachment/nilos/nude masahiko maruyama/parts of four/ripvanwinkle/saddam teissy/d hygen
カテゴリー:メンズ>>>ジャケット/アウター>>>レザージャケット
商品の状態:新品、未使用
商品のサイズ:M
配送料の負担:送料込み(出品者負担)
配送の方法:らくらくメルカリ便
発送元の地域:東京都
発送までの日数:4~7日で発送
  • ドーン

★★★★4 2022-09-15

コメント失礼いたします。購入を考えているのですが、こちらの商品はお値下げ可能でしょうか? の定型文で質問する方へ。 →経験的にこの文を使う人にろくな人はいませんでした。プロフィール確認のうえ、必要な場合は先に具体的な金額を提示して下さい。提示しない場合は返答しません。

9人が参考になったと回答
このレビューは参考になりましたか?

  • ドーン

★★★★★5 2022-08-15

勿体なく結局使えませんでした。 試着のみですがカットソー1枚でも外出れます。保温性はスゴいです。 値段ははりますが希少性と価値はあるかと思います。

3人が参考になったと回答
このレビューは参考になりましたか?

  • ドーン

★★★★4 2022-09-13

袖は折り返して使用可能なので、設定は長めですが、フリーサイズで袖丈は変えられます。

5人が参考になったと回答
このレビューは参考になりましたか?

  • ドーン

★★★★★5 2022-08-01

専用の袋もつきます。

7人が参考になったと回答
このレビューは参考になりましたか?

  • ドーン

★★★★4 2022-09-11

肩幅52 身幅52 袖丈75 着丈110

4人が参考になったと回答
このレビューは参考になりましたか?

未使用 定価約40~45万 インカネーション 最高級ムートン ミドル丈 レザージャケット 日本最大級

みなさまゴールデンウィークいかがお過ごしですか?
私は、休みが続くと、いつものペースを取り戻すのに倍のエネルギーが必要になるので、連休が苦手です。
さらに、飛行機も苦手なので海外に行くわけでもなく、1年中で最も紫外線が強いこの時期、日中は家から出ないことさえ多く、ゴールデンでもなんでもない毎日が過ぎております。

さて、
庭の写真は時々撮っていたのですが、今年は我が庭ながら「なんか微妙・・・」という感が多く、ブログもコソッと自信なさ気に投稿させていただきます。
4月の前半は、チューリップが主役なのですが

いろいろな色の球根を植えた昨年2017年↑に比べ、今年2018年は

なんか地味・・・。色のチョイスで失敗したくないというブレーキが働いて、ピンクのチューリップだけにしたのがいけませんでした。 ポイントがなくぼやーっとして、なんか微妙・・・味が薄くて、これは何味?と思いながら食べてるような感じ。

品種は、アンジェリケとアップスターという、どちらも淡いピンクで

可愛くて、好きなチューリップでしたが、如何せん、色が薄く、存在感も薄かったです。

SHIRUI シルイ 自由雲台 K-40X
LEONARD - レオナール チュニック
チューリップのほかには

ドイツスズラン、昨年はお花が1本だったのが2本になり、とりあえず倍に。(苦笑)

オダマキが好きで、今年は3種類に増やしました。

ツートンカラー、グラデーション、花びらの複雑な形状に目が釘づけ。興味がつきません。

オダマキは、こぼれ種で増えてくれることを期待して。
そしてそして、待ちに待ったバラの開花です。

ピエールドロンサール、今年の一番花はこの子でした。最初は中央が鮮やかなピンクで外側は白っぽいのですが

咲き進むと、全体がピンクになっていきます。

丈夫で、豪華で、本当に美しいバラ。唯一残念なのは、香りが弱いこと・・・

桃のようなつぼみがいっぱい。いっぱい。いっぱい。数えきれないほど。

去年は、ツルの誘引の仕方がわからず上へ上へ伸びていってしまい、脚立に載っても手が届かない場所に花があって四苦八苦。 今年はひとつお利口になって、手の届く高さに横に留め付けて、お手入れも楽に出来るようにしました。

そして、白のスイートピーと、さらにブラックベリーの小さなピンクのお花との共演が、これから見られそうです。

クレマチス「テッセン」も咲き始めました。冬には、もう枯れちゃった?と毎年思うのですが、いつの間にか芽が出てまた花が咲いています。ツル性植物の生命力に感動・・・

このあとは、ピエール以外のバラ、そしてユリの開花、ブルーベリーの実が成るのを楽しみに待つことにします。

今年は、めずらしく夏の庭の準備もしていますよ。
蚊が出始めて、ほとんど庭には出なくなるのはわかっていますが、グラジオラスの球根を植え、ホウセンカの種を蒔く予定です。どちらも、昭和生まれの私には、子供の頃を思い出す懐かしいお花です。
でも、またグラジオラスは白を買ってしまったので、夏らしい濃い色のないボケボケな感じの庭になりそうな予感。
布選びと同じく。色ってむずかしい・・・

 

ドスパラ PCゲーミングPC季節の出来事 | タグ: lenovo/ideapad/Win10/カメラ/大容量1000GB/メモリ4GComments Closed 

関連記事

THEPPHONGDUONG.COM RSS