品揃え豊富で
 【Maison Margiela】レプリカ★ペイントソール スニーカー White スニーカー
品揃え豊富で 【Maison Margiela】レプリカ★ペイントソール スニーカー White スニーカー
58891259-27695-tv0
27,492円 91,640円
【Maison Margiela】レプリカ★ペイントソール スニーカー White(58891259)

【Maison Margiela】レプリカ★ペイントソール スニーカー White
直営・正規取扱店から100%本物を買い付けております!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★関税のお支払い不要・安心の国内発送★
レトロなデザインに無造作なペイントを加えた人気スニーカー♪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
マンネリ化しがちなシンプルスタイルに、足元で個性を出してみるのもGOOD◎
機能性に優れているだけでなく、コーデを選ばないベーシックなデザインがお洒落なスニーカーです!

【素材】
・カーフレザー
・ラムレザー

【色】
・White

【商品詳細】
・Replica painted sneakers
・ペイント加工したレプリカ・スニーカー
・白く塗ったレザーとスエード使用
・※レプリカは70年代のオーストリアのスポーツシューズをもとにデザインされたマルジェラのシューズ
・ラフにペイントされたラバーソール
・タンにナンバーロゴ
・裏地付き
・かかとに白いステッチ
・イタリア製

【商品管理番号】
H-4461

【Maison Margiela(メゾン マルジェラ)】
1988年にMaison Martin Margiela(メゾン マルタン マルジェラ)がスタート。
ブランド創業者のMartin Margiela(マルタン・マルジェラ)は、 名門アントワープ王立芸術アカデミーの卒業生で、新しいファッションの流れをつくった伝説のデザイナーです。2014年にJohn Galliano(ジョン・ガリアーノ)がクリエイティブ・ディレクターに就任し、2015SSのオートクチュールコレクションをロンドンで開催し、これをきっかけに、ブランド名を「Maison Margiela(メゾン マルジェラ)」に改名しました。
色褪せ・ほつれ・古着加工という「ポペリズム」の先駆者であるフランスのブランドです。


●全ての商品は信頼のおける直営店および正規取扱店で買い付けしております。100%正規品ですので、ご安心ください。


●表示価格はすべて関税・送料込み価格です。


●国内で検品・梱包した後、お客様のもとへ発送いたします。一人一人のお客様に満足していただけるよう、丁寧な検品を心がけてまいります。
ただ、輸入品のため、専用化粧箱等へどうしても細かなスレ・傷・汚れ等がある場合がございますので、予めご了承ください。


●写真は、実物と比べてどうしても多少色や質感が違って見える場合もございます。もしご不安な方は、あんしんプラスへのご加入をお勧めいたします。


●ご注文後、在庫がなかった場合、やむを得ずキャンセルとさせていただきますので、ご注文前の在庫確認にご理解とご協力をお願いいたします。



━━━━━━━♪リクエスト受付中です♪━━━━━━
出品商品以外も買付けいたします。
他にご希望の商品がございましたら、リクエストからお気軽にご連絡ください♪


最後までご覧いただき、誠にありがとうございます。皆様のお手元に気持ちよく商品が届くよう、努めさせていただきます。皆様のご利用を、心からお待ちしております♪

Rise and Shine



★ご注文の前に必ず【お問い合わせ】より在庫確認をお願いします。
※数の少ない商品の場合、ご注文時の状況次第では、残念ながら品切れとなることがありますので、ご注文前に確認をいただけますと幸いです♪

★日本サイズの目安はブランド公式のサイズに基づき記載しております。
 目安としてご参考にしてください♪

★サイズ、色、イメージなどが合わず返品を希望されるお客様のためにBUYMAでは、返品補償制度を運営しています。ご購入前に下のアドレスをご参照ください♪







品揃え豊富で 【Maison Margiela】レプリカ★ペイントソール スニーカー White スニーカー サイズを選択してください:EU43※要在庫確認

みなさまゴールデンウィークいかがお過ごしですか?
私は、休みが続くと、いつものペースを取り戻すのに倍のエネルギーが必要になるので、連休が苦手です。
さらに、飛行機も苦手なので海外に行くわけでもなく、1年中で最も紫外線が強いこの時期、日中は家から出ないことさえ多く、ゴールデンでもなんでもない毎日が過ぎております。

さて、
庭の写真は時々撮っていたのですが、今年は我が庭ながら「なんか微妙・・・」という感が多く、ブログもコソッと自信なさ気に投稿させていただきます。
4月の前半は、チューリップが主役なのですが

いろいろな色の球根を植えた昨年2017年↑に比べ、今年2018年は

なんか地味・・・。色のチョイスで失敗したくないというブレーキが働いて、ピンクのチューリップだけにしたのがいけませんでした。 ポイントがなくぼやーっとして、なんか微妙・・・味が薄くて、これは何味?と思いながら食べてるような感じ。

品種は、アンジェリケとアップスターという、どちらも淡いピンクで

可愛くて、好きなチューリップでしたが、如何せん、色が薄く、存在感も薄かったです。

東リ フフル オーダーカーテン&シェード MODERN TKF20107・20108 プレーンシェード ドラム式(PA) 幅340×高さ160cmまで
CKD レギュレータ 白色シリーズ R2100-8-W-T-P70-A10
チューリップのほかには

ドイツスズラン、昨年はお花が1本だったのが2本になり、とりあえず倍に。(苦笑)

オダマキが好きで、今年は3種類に増やしました。

ツートンカラー、グラデーション、花びらの複雑な形状に目が釘づけ。興味がつきません。

オダマキは、こぼれ種で増えてくれることを期待して。
そしてそして、待ちに待ったバラの開花です。

ピエールドロンサール、今年の一番花はこの子でした。最初は中央が鮮やかなピンクで外側は白っぽいのですが

咲き進むと、全体がピンクになっていきます。

丈夫で、豪華で、本当に美しいバラ。唯一残念なのは、香りが弱いこと・・・

桃のようなつぼみがいっぱい。いっぱい。いっぱい。数えきれないほど。

去年は、ツルの誘引の仕方がわからず上へ上へ伸びていってしまい、脚立に載っても手が届かない場所に花があって四苦八苦。 今年はひとつお利口になって、手の届く高さに横に留め付けて、お手入れも楽に出来るようにしました。

そして、白のスイートピーと、さらにブラックベリーの小さなピンクのお花との共演が、これから見られそうです。

クレマチス「テッセン」も咲き始めました。冬には、もう枯れちゃった?と毎年思うのですが、いつの間にか芽が出てまた花が咲いています。ツル性植物の生命力に感動・・・

このあとは、ピエール以外のバラ、そしてユリの開花、ブルーベリーの実が成るのを楽しみに待つことにします。

今年は、めずらしく夏の庭の準備もしていますよ。
蚊が出始めて、ほとんど庭には出なくなるのはわかっていますが、グラジオラスの球根を植え、ホウセンカの種を蒔く予定です。どちらも、昭和生まれの私には、子供の頃を思い出す懐かしいお花です。
でも、またグラジオラスは白を買ってしまったので、夏らしい濃い色のないボケボケな感じの庭になりそうな予感。
布選びと同じく。色ってむずかしい・・・

 

NIKE ナイキ サッカースパイク ティエンポ4季節の出来事 | タグ: supreme Paneled Football Jersey M カーキ カモComments Closed 

関連記事

THEPPHONGDUONG.COM RSS